きらりちゃんの デンタルケア講座

あなたは今、自分にぴったりの歯ブラシを使っていますか?毎日正しいブラッシングをしていますか?なんでもおいしく食べられることは健康で快適な人生の第1歩。そんな素敵な人生を手に入れる秘訣をここでご紹介しましょう。

8020運動

国が推奨するムシ歯と歯周病を防ぐ運動を当組合も応援しています。

8020運動

じょうぶな歯健康づくりの第一歩
 これは今年の「歯の衛生週間」のキャッチコピーです。
厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会・都道府県歯科医師会が主催しており、日本歯磨工業会・日本歯科衛生士会・全日本ブラシ工業協同組合が後援しております。
私たちグループ企業は皆様方の歯の健康に貢献できる喜びと誇りをもって100年近くにわたって歯ブラシを作り続けています。研究・開発を常に心掛け世界のどの国にも負けない技術・品質・機能を備えた歯ブラシを自信をもってお届けしております。

8020 ご存じでしょうか。国の政策として厚生労働省がすすめている80歳になっても20本以上は自分の歯を保とうという運動です。
何でもおいしく食べられることは、健康で快適な人生の第一歩です。

あなたは何の為に歯を磨きますか----- 歯の健康・爽快感・白い歯・口臭防止などいろいろな目的があると思います。
あなたの歯磨き習慣はどうですか----- 朝起きた時・朝と夜寝る前・毎食後・外出前など様々でしょう。もちろん、毎食後がベストですが「家で食事の後は必ず」は最低限守りたいものです。

「身体
(からだ)の健康は歯の健康から」といっても過言ではありません。

歯ブラシの選び方

自分に合う歯ブラシ選びのポイントをご紹介。

歯ブラシの選び方

 歯ブラシ選びは、年齢や歯の状態などに合わせた磨き方や(「歯の磨き方」参照)使い心地の良さなどを重視して、自分に合うものを探しましょう。現在、当組合員によって製造されている市販の歯ブラシはJIS規格以上のものばかり。製品に良否の差はないため安心して選ぶことができます。

歯ブラシ選びの基本
1 使う人の口のサイズや状態に合わせます。
細かいところまできちんと歯ブラシを届かせるために、ヘッドが小さいものにします。
毛のかたさは
 毛先を使う磨き方なら「やわらかめ」~「ふつう」表示のものを。
 毛の脇腹を使う磨き方なら「ふつう」~「かため」表示のものを。
 これらが基本的なことですが、まずは数種類の歯ブラシを試してみて、その中から自分に合った2~3種類の歯ブラシを使い分けるのが理想的です。

歯ブラシいろいろ

基本タイプ
3列植毛

[選ぶポイント]
●柄はストレートで少し太めのものが持ちやすいでしょう。
●ヘッドの長さは、奥歯1本半~2本分小さめのものが動かしやすいです。
●ブラシの材質はナイロンのものを。
●毛の硬さはふつうくらいのものを。
●毛先は丸くカットされているものを。

奥歯のすみずみまで磨ける、奥歯用歯ブラシ
歯周ポケットの汚れ落しに便利な、2列歯ブラシ
歯間や歯と歯の重なる部分の汚れが取れる、部分用歯ブラシ

歯の磨き方

基本的な磨き方と効果がひと目で分かります。

歯ブラシの歴史

歯ブラシの起源や日本の歯ブラシ生産地などをご紹介。

歯ブラシを科学する

歯ブラシができるまでの工程や素材について、知られざる裏側を一挙公開。

〒577-0065
大阪府東大阪市高井田中1-5-3
東大阪市立産業技術支援センター内
電話:06-6787-6162
FAX:06-6787-6163